我が家では現在、夫婦でほぼ同じ優待を取得しています。


我が家の家計で、家賃の次にお金がかかっているのは食費(笑)
この食費を、ケチらずになんとか減らしていきたいのです。
食事は大事です。



株主優待制度を利用して少しでも家計の負担を減らそうと、
どのような優待品を取得していこうかと夫と話し合い、
以下のような内容を優先していこうと決めました。



・飲食店で利用できる株主優待券
自宅周辺の飲食店で利用できるお食事券がもらえる銘柄は
最優先でクロスします。

ここで重要なのは
10%offなどの割引券ではなく100%現金の代わりで使える金券であること。
財布から現金が出ていく額を少なく、がモットーです。



・QUOカード
次に、同じくほぼ100%現金の代わりとして使えるQUOカードも魅力的だと思います。
利用できる代表店としてコンビニがありますが、
我が家も時々利用するのでぜひ欲しい品です。
株価が1000円以下に対し
QUOカード1000円分の銘柄だとなお良しです(笑)




・お米
最近子どもたちのお米の食べる量が増え、すぐになくなってしまい、
お米にかかる食費の割合が少しずつ家計を圧迫してきています。
そんな時、普段買わないような
美味しいお米をいただけるのは本当に有難いのです。
でも一番嬉しいのは重いお米を自宅まで配送してもらえること






おこめけんは、実はお米以外の物も
買えるってご存知でしたか???


1枚440円の金券としても使えるのです♪
スーパーやドラッグストアでも利用できますのでぜひ!!
(使えない店舗もあると思いますので、店員さんに確認してみてくださいね。)





100%現金の代わりになるもの。
これが我が家にとっては最重要。
物品がもらえる優待は、余力があれば…心から欲しい時に…です。



株主優待品を取得する方法

まずは現物を100株購入してみましょう。
銘柄によっては最低200株や500株も買わないと
優待の権利をもらえないものもありますが、
多くの銘柄は100株購入すれば権利を取得できます。
(詳しくは証券会社の各銘柄のページをご覧ください。)



その現物株を保有したまま、各権利月の権利付き最終日を越えてください。
権利付最終日(権利確定日の3営業日前)の大引け(15:00)の時点で現物保有をしていれば、
それだけで優待品がもらえます!

数ヵ月後が楽しみですね。



そのまま持ち続けていれば、その次の優待品ももらえます。
(※注 業績の影響などで株主優待制度の変更や廃止などになる場合があります。)



権利付き最終日の翌営業日は権利落ち日となり、
この日になれば現物株を売却しても大丈夫です!

しかし、そうなると株価下落の可能性も否めません。
もしかしたら、売却によって損を出してしまうことにもなりかねません。


損切りはしたくない。でも優待品は欲しい…
株価下落のリスクは一切なしで株主優待を取得できる方法があります!






その名を
クロス取引 と言います。
(※注 こちらの方法を行うには、信用取引口座の開設が必要です。)



クロスは、取引に必要な諸経費(売買手数料と貸株料など)を
支払うだけで株価下落のリスクを防げる優待取得方法です。



前場9:00 or 後場12:30などまでに行うこと2つ
1.特定口座で現物買い100株を成行で注文をする
2.特定口座で信用売り(一般信用・15日)100株を成行で注文をする
(※注 必ず「買い」と「売り」は同じ枚数で注文してください)



前場(or 後場)が始まったら2つの注文は同時に約定!!
これだけでOK!!
あとはこの現物株と信用売り玉を権利付最終日の15:00まで持っていれば、
権利を取得できます。



そしてその翌営業日の権利落ち日の大引けまでに現渡しの注文を行ってください。
現渡しの日が遅れると、信用売りの貸株料がその分多くかかる上、
15日の期日が来て強制決済となり
返済買いの手数料がかかってしまいます。

証券会社によっては現渡しも手数料がかかることがあります。
(SBI証券は無料です♪)



クロス取引の注意点
1.信用取引には『一般信用(15日)』と『制度信用(6ヶ月)』などがありますが、
逆日歩が不要の一般信用で売り注文を入れてください。
しかし、この一般信用には在庫に限りがあるので、
人気の優待銘柄は権利付最終日の15営業日前から大体争奪戦となります。
在庫があるうちに注文を行ってください。

一方、制度信用には在庫というものはありませんが、
逆日歩が付く場合があります。
人気の銘柄ほど、優待の内容以上の膨大な逆日歩が報告されていることがあるのでご注意ください。



2.銘柄によっては、一般信用取引が不可なものもあります。
その場合は逆日歩のリスクを背負って制度信用でクロスするか、
株価下落のリスクを背負って現物を買うか、
その優待取得自体を見送るか…です。



3.現渡しはNISA口座で購入した現物では行えませんので、
必ず特定口座で購入してください。



そもそも株主優待というものは、その企業に投資してくれた
株主様へのちょっとしたお礼品であるので、
すぐに手放してしまうクロス取引というものは邪道なのかもしれません…

心から応援したい!と思える企業があれば現物を買って、
年に一度や二度、おいしい思いをしても良いのではないかなとも思います。



お読みいただきありがとうございます。
下のバナーをぽちっと押すと
他の方の参考になるブログも読めます!
にほんブログ村 株ブログ 主婦投資家へ 
よければどうぞ~